緊急シンポジウムを実施しました

概要

日程

2019年11月3日 13:00-15:30

開催場所

東京大学、東京

内容

  • Part 1. AOCSJ代表挨拶
    協会発足とシンポジウム開催の趣旨について

  • Part 2. 報告

    1. カワウソにかかる新たな種の保存法の規制内容について
      佐藤大樹氏(環境省野生生物課)

    2. 日本におけるカワウソ取引の現状と管理体制
      北出智美氏(TRAFFIC JAPAN)

    3. 改正動物愛護法施行へ向けた動きと展示動物
      東さちこ氏(PEACE)

    4. 日動水におけるコツメカワウソの管理手法とその現状
      伊藤咲良氏(よこはま動物園ズーラシア)

  • Part 3. 報告者全員によるパネルディスカッション


実施報告

2019年10月1日、日本におけるカワウソ保全活動をより推進するため、日本の研究者たちにより日本アジアカワウソ保全協会(Asian Otter Conservation Society of Japan, AOCSJ)が設立されました。

我々が取り組む課題の中で、ペットとして飼育されるコツメカワウソに関わる問題は最も深刻なものの一つであり、8月のCITES(ワシントン条約)付属書ランクの変更により、種の保存法に基づき11月26日より飼育個体に対する規制制度が開始します。

そのため、本協会はこの新たな規制制度について多方面から議論を行い、そして一般にも広くこの現状について啓蒙を行うため11月3日に緊急のシンポジウムを開催いたしました。 当日は複数メディア記者の方々を含む55名の方々に参加いただきました。 今回のシンポジウムがコツメカワウソ問題改善に向け影響を与えることを望むと共にこれからも保全活動に邁進して参ります。

Avatar
岡元友実子
事務局員

台湾新竹市立動物園 / IUCNカワウソ専門家グループ