ようこそ日本アジアカワウソ保全協会へ!

カワウソとは?

カワウソは食肉目イタチ科の動物で、世界にラッコなどを含む13種が生息していますが、そのほとんどが過去の毛皮を目的とした乱獲、生息地の破壊、水質汚染などにより絶滅の危機に瀕しています。

日本から永遠に消えたカワウソ

そのうち日本では一般的にはニホンカワウソと呼ばれるカワウソが北海道から九州にかけ日本全土に広く生息していました。しかし、明治時代に入り狩猟が開放されるようになると、その上質な毛皮と薬としての需要から乱獲が起こるようになりました。その結果、第二次世界大戦後の1950年代にはすでに北海道・本州ではカワウソはほとんど見られなくなっており、四国を中心に生き残ったカワウソも、高度経済成長期の環境破壊・汚染・漁業や土木工事との対立により1979年の目撃を最後に姿を消し、2012年環境省から正式に絶滅が発表されました。

帰ってきた?カワウソ 対馬のいま

このように過去人間の身勝手な行いによりカワウソを永遠に失ってしまった日本ですが、2017年長崎県対馬においてカワウソが生息していることが確認されました。環境省が実施したDNA調査の結果、少なくともオス・メス各2頭、計4頭の韓国由来とみられるユーラシアカワウソが生息していることが明らかになりました。

実は対馬には昔全くカワウソがいなかったわけではなく、その存在は江戸時代の「対州并田代産物記録(諸国産物帳の対馬国分の現存するもの)」「津島紀事」に記録されています。しかし、その後現在に至るまで記録がなく、その経緯については謎のままです。また対馬は韓国と約50キロと日本よりも近く、昔生息していたカワウソは元々韓国と遺伝的に近い個体群であった可能性もあります。しかし、いずれにせよ日本に再びカワウソが戻ってきてくれたという事実には変わりなく、保全の重要性が高まっています。

コツメカワウソのペット取引・飼育問題

最後にみなさんにぜひ知って頂きたいのが、現在日本で巻き起こっている空前絶後のカワウソブームにより深刻化するカワウソのペット飼育および違法取引の問題です。一口にカワウソといっても、ペット飼育目的で取引されているのは主にカワウソ13種のうち最も小型で、東南アジア原産のコツメカワウソです。

愛くるしい表情から自宅で飼育したくなるものと思われますが、コツメカワウソは魚の骨やカニの甲羅を割れるほどの強力な顎と歯を持ち、糞便には強烈な臭いを伴い、1年中暖かい温度と水生環境が必要となることから、個人飼育には全く適していません。そして何より群れで広い範囲を行動する動物であるため、狭い空間で少数で飼うことはカワウソに大きな精神的苦痛をもたらします。

さらにこの日本でのペット需要により原産国であるインドネシアやタイから多くの幼獣が密輸されており、まさに他国のカワウソをも絶滅させかねない状況となっています。

カワウソを守るには

日本にはかつて、固有種のカワウソが生息していましたが、自らの行いにより永遠にその姿を失うこととなってしまいました。また現在はペット飼育の需要により、他国のカワウソまでをも絶滅の危機に追いやる事態になっています。

二度と、カワウソを失わないようにするためには、どうしたらよいのでしょうか?まずは現状を把握するために、現地での定期的な調査・ヒアリングが必要になります。そして、状況に応じて環境改善や時には開発工事に配慮を要請することもあります。また違法取引・ペット問題では現地のパトロール、不適切な売買・飼育を行う施設の調査が必要とされます。
さらになにより、こういった問題を正しく、広くみなさんに知っていただくためにSNS等を利用したり、動物園等の外部機関と連携した情報発信が欠かせません。

日本には過去40年以上も前にカワウソが絶滅してしまったため、専門家が数名しかおりません。もちろん、これらの活動を我々の力だけで継続していくことは非常に難しい状況です。
二度と日本や、アジア、そして世界のカワウソを失うという「悲劇」を繰り返さないためにも、みなさんの協力が必要です。どうか、我々に力を貸してください!共に、カワウソを守り、世界の野生動物と人間が共存できる明日をつくりましょう!

(事務局長 岡元 友実子)